This Archive : 2009年05月

--
--.--
*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
05.27
*Wed*

一度目の荷造り

火曜日、お花のレッスンのため、実家に帰ってました。
相変わらず冷たい大吉くんが チラっとだけ愛想を振ってくれましたが、
どうせ私はヤツにとっては 食パンの1かけらに負ける程度です。。。
ヤツが寝てる時は おとんもおかんもあまり触らないので、
たまに帰ってきた私に うるさく構われるのが鬱陶しくて イヤみたいです。。。涙
まあ 私はそんなことお構いなしですけどねーんjumee☆faceA63

書いてませんでしたが、24日(日)朝突然 嗅覚が正常に戻りまして。
実家に着くなり 玄関、いやその前の車庫から 既に犬臭くてビックリしました。
ご本人が登場したら、思いのほか臭かったです。。。
『明日には洗わなあかんのや』と おかんが言うてましたが、
それなら、娘が帰ってくる前にキレイにしといてくれんかのぉ~
ニオイが治ってるとは想定外だったようです。

私はいまだに完全には引っ越してないので、実家にたくさん荷物が置いてあります。
帰った時に 足りないものや次の季節物を運ぶのですが、
今回は夏物衣料を大量に持ってくつもりだった上に、旅行に必要な物も運ばねばならず、
旅行バッグにどっちゃり詰めて、更にトラベルグッズなども探し出しては詰め、
ものすごい量の荷物を運び出しました。
旅行のだいぶ前なのに すでに一度荷造りした気分でグッタリです。。。
それでも「あ!あれ忘れた!」とか「あれもまだ実家に置いてたんや~」とか
足りないものがかなりありまして、もう一度帰らなあかんのかなぁとも。大泣き
旅行中は、シンプルでラクな服でいることが多いので アクセとかスカーフとかで
変化をつけたりして 余計な服を持たなくていいようにしてるのに、
ネックレス(ビーズで手作りしたやつ)、アジアンチックなペンダント、
ハンカチみたいなミニスカーフ類を 一つも持ってこなかった! ヤバイ。。。
スポンサーサイト

2009
05.21
*Thu*

ハニムーナー

先週から悪化した風邪がまだ抜け切らず、相方にもうつしてしまったnakaです。

来月の1~2週目あたりで、新婚旅行に行くことになりました。
かなり急遽ですな苦笑い
なんでうちは いつもこんなに急なんだ?
日程は、もちろん相方さんの仕事の都合です。
私は毎日がホリデーだから いつでもOKだったのよ~ん♪

先々週、相方さんが突然、ニューカレドニアとか、モルディブ、タヒチの
旅行パンフを持ち帰ってきて、一人だけパスポートも申し込んできとった!
「おい、ワシのパスポートはどうすんねん?」と問うたら、
『え!? あるんじゃなかったの?』とな。
ここ10年は 海外行ったなんて話 してなかったろうに。。。

今、仕事がヒマらしく、6月中旬から忙しくなる予定なので、課長に了解もらったとの事。
私も慌ててパスポートを作ったのだが、ふと気付いたことが。
ニューカレドニアって、今から冬で寒くなるんじゃないの?
オーストラリアとかと一緒では?
相方さんは『常夏でしょ?』と言っていたが、調べたらやっぱり、
今の石川と同じような20℃前後の気候で、長袖必須だってさ。
そんならダメやわ~と 行き先選びに難航。
18日午後、JTBでいろいろ相談した結果、ヨーロッパ方面にすることに。
ヨーロッパならトシとってからも行けるじゃない?
なので (多少なりとも)若いうちしか行けないから(水着関係のため)、
南の島に行きたかったんだけどね。。。 ま、いいわ。

スペイン、イタリア、フランス、ドイツ、スイス、ギリシャ。。。どれもいいなぁ~
しかしツアープランを見てると どれも移動時間が長い長い!
『ヨーロッパの国は陸続きだから、基本、バス移動です。』
とJTBのねーちゃんが言ってたが、それにしても何で飛行機とか乗らないのよ?
その謎は お花の先生に相談した時に解けた。
先生はよく海外旅行に行ってるので、どこがオススメか聞いてみようと思ったんだけど、
『イタリアはアバウトでひどい目に遭った!』とかで、
空港でストにあって、6時間足止め食らったそうな。jumee☆surprise6
はは~ん だからローマからパリに飛行機移動のプランで その日1日何も入ってないのかぁ。
公共の乗り物では、どうなるかわからんから バス出すんだな、きっと。
その他、美術館に入ったら「今日は早終いするから もう出てくれ」と言われたり、
休み(もしくは休憩中)の店が多かったり、何かと金を要求されたりでご立腹でしたわ。

その他いろんな話を聞いて、結局、パリ1本に絞りました!
で、昨日夕方 こないだのJTBに行ったら水曜定休。。。
遅くまで開いてるアピタ内のJTBに向かい、申し込んだものの
『2週間前になったので もう締め切ってるそうです。』と。
それは関空発だったんだけど、日付を変えても 空いてないようなので、
内容がほぼ同じの成田発のツアーでトライし、なんとか確保できましたっ汗とか
てなわけで、6月の2週目、パリへ行ってきまーすハート
よかった。。。。 もうすっかりお疲れのnakaさん。こんなんで本当に行けるかしら?

2009
05.15
*Fri*

ガン検診

今日は、地域の健康診断に行ってきた。
先日来の風邪が芳しくなく、朝一の体温は37.6度。。。 こんな日に 熱出た。
昨夜9時以降、飲食禁止なので、フラフラしながら会場入り。
あまりの人の多さに驚いたが、根気よく待って待って、無事終わった。
国民健康保険加入者で職場などで検診を受けてない人を対象としたものらしく、
血の検査や血圧などを測る「特定検診」の受付に行って保険証を提示したら、
『旦那さんの扶養に入られたのは最近ですか?
 そうですかー。すみませんが、この保険証では今日の特定検診は受けられません。
 予約してあるガン検診は出来ますけど。』 とな。
保険証切り替わった後に、お前ンとこが このご案内を送ってきたんじゃろがー!
と もちろん反論致しましたが、内容を読んだ時そうじゃないかなぁって思ってたので、
実のところは 「やっぱりか」。

その後、予約しておいたガン検診の数々を受けて回った。
朝8:30受付開始にあわせて着いたら 目の前には既に長蛇の列
年寄りばっかり。なんで年寄りは、こんなに早くから並ぶんだよー
大腸ガン検診は、2日分の便を前もって取って持参するだけでOKだが、
胃ガン検診は、散々並ばされて疲れた後、初のバリウム飲み!
チクノウのお陰でニオイが分からず、甘くてそんなにまずくはなかった。
あっちこっち向かされて、回転させられて、終了後に下剤を飲んだ。これも初体験。
肺ガン検診はレントゲンなので、ほとんど待たず済んだ。
あとは午後の検診だったので、10時ごろ一旦帰宅。
車で2分ほどの会場だったので、ちょーラクチン

ようやく食事をし、掃除などを済ませ、熱を測ったら37.0度に下がっていた。
昼食もとって、再び検診へ。
午後は 子宮ガン検診と乳ガン検診の受付が 1時から。
また着いた途端に 女性だらけの 朝を上回る とぐろを巻いた長蛇の列。。。
なんでオバチャン達は 早く来て待つんだ。。。
てか、午前中失敗したんだから学習しろよって 家から近いのに。
先に子宮頸部ガンの検診を受け(何度やっても婦人科の診察ってヘコむなぁ)、
その後、じじい医者による 乳、触診。
ぐわっしぐわっし掴まれて痛いって聞いたけど、痛みは全くナシ。
掴むほどナイからかなぁ。。。
そしてまたも初体験のマンモグラフィですわよ。
これも乳ナイ人は痛いって聞いてたが、私は まず挟めるのかが心配だった。
たしかに撮影中はギューっと挟まれてるので痛いけど、
もしかしてこれ、乳デカイ人の方がもっと痛いんではないかしら?
もともと皮しかないような貧乳だから、大した事なかったよ。

午後の検診を待ってる間 横のばーちゃん達が、
『バリウム、少しになったねぇ。前はコップに一杯飲まされたのに。』
『私ら、朝7時に家出てきたんよ。毎年来とるけど、これは一日仕事やねぇ。』
『私ら、いっつも糖がおりとるって言われとるんよ。アッハハハ。』
などと元気に語らっていた。
そして、受付待ちの列の最後尾がわからずに横入りしちゃったねーちゃんには
『あんた!あっちに並ばなあかんやろ!みーんな早ぉーから待ってるのに。』
と叱りつけたりしてた。
さすが おばちゃん。あっぱれや。

3時頃、すべての検診を終えて帰宅途中、やわら腹が痛くなってきた。
下剤が効いたか。まずいぞ。。。間に合うか?これ
家に着くやいなや、トイレに駆け込み、まさしく間一髪だった
下剤って腹痛くなるのー!? ビックリしたぁ。
寒かったんで 腹冷えたせいやろか?
ま、とにかく バリウムらしきものも 無事排泄されました。
もう今日はヘトヘトですわぁ。。。 さらに熱出そう。

2009
05.14
*Thu*

鼻の中でグルグル鳴る

CATEGORY : 体のこと
ここ3日ほどあまりに喉が痛かった上に 尋常でない量の鼻水と頭痛までしてきたので、
市販の風邪薬を飲んだ。
寒いんだか暑いんだか、体温調節機能がイカれてしまったようだ。
耳鼻科の薬を飲んでいたのでだいぶ迷ったが、とりあえず中断して、風邪薬にしてみた。

そしたら、喉や身体は昨日までよりラクになったが、鼻の調子がとっても悪くなってしまった!
信じられない鼻水の量、ティッシュの山!
しかもベッタベタに湿ってしまうほどなのだ。
その上 右側が、鼻をかんでも、中でグルグルいってるだけで、
泡状になってて、一向に外に出てこないのだ。
何かのエンジン音のごとく もンのすごい音がしてるんだけど、
中で空回りしてるみたいで、全然出てこない。。。
苦しいッス。。。
ほっとくと たまにタラ~っと垂れてきたりもするんだけど、
鼻の中にはそれをしのぐ はるかに大量の鼻汁があるのはわかっている。
しかし そのほとんどが排出されず、困っている。

先日までの水のようなサラサラな鼻水でもなくなっており、喉には痰もあるようだ。。。
頭も重いし、鼻の下はヒリヒリするし、喉から上が なんとも不快だ。。。
完璧に蓄膿化してしまったようだ。
どうにかならんのかいな。。。

2009
05.07
*Thu*

アリナミン?

案の定、連休中は(といっても 年中連休なんですけどぉ~苦笑い)、鼻の状態が最悪で
なんとか休み明けの予約が取れたので、久々に耳鼻科に行ってきた。
行った当日は雨で、いつもほどの鼻水は出ず。。。毎回そうだkao06
しかし、この約2ヶ月間、ほとんどニオイを感知できてないと告げたら、先生は
『アリナミンで検査をしてみましょう。』
アリナミンってあのアリナミン?と聞いたら、
『え?若いのに知ってるの?でもCMのドリンク剤とはちょっと違うよ。』
なぬ?なら知らぬぞい。
これは嗅覚障害のテストに使うものらしい。
CMでおなじみの現在のアリナミンは、ニオイのしないものに改良されたものらしい。

さて、アリナミンテストのやり方は、
 1. 腕の静脈にアリナミンを注射する。
 2. そのアリナミンの臭いを感知できるか。
 3. その後 臭いがどれぐらいで消えるか。
を調べるということらしい。
まぁ注射は割と好きなので、全然OK~グー
って言ってから気付いた。
注射が好きなのは、その前に塗る消毒薬のニオイが好きだっただけだと。
ニオイが分からない今の私には、痛いだけのヤなものだった。。。
それよりさぁ ニオイがしない人間にアリナミンの臭いなんて分かる訳ないじゃん!と
反論しようとしてビビったびっくり
なんと!キョーレツなニンニク臭がっっbikkuri01
「うおぉぉぉーっ!クサいーっ!」と叫んだのも束の間、
あっという間に、そのキョーレツな臭いは薄くなり、しなくなってしまった。
これで検査は終了。

鼻を通じて吸い込んだもののニオイは全く感知しないのだが、
自分の体内から(肺で気化するらしい)のニオイはすごかったのですよ。
つまり、鼻の奥にある嗅覚細胞(ニオイを感じる細胞)も、嗅脳(ニオイを認知する脳)も
異常なしということだった。
鼻の入り口~嗅覚細胞までに障害があり、それでニオイが届かないということだ。
飲み薬と点鼻薬をもらって帰ってきたのだが、
その後もニンニクショックから立ち直れなかった。。。
今まで無臭の世界に暮らしていたので、久々に嗅いだのがあまりに強くて倒れそうだった。
そして 他のニオイを感じられない為 ニンニク臭の記憶が消えず、
食欲も湧かず、食事の支度も出来ない程 ダメージを受けていた。
しかし周りの人にとっては 私からニンニク臭がする訳ではないらしい。
もちろん注射器からは臭いがするらしいが、それを嗅がされても私には無臭だった。

不思議な検査だったが、もう二度とゴメンだ。

  内服薬 : アレグラ、ムコトロン
  点鼻薬 : リノロサール 2本

2009
05.02
*Sat*

ぐずぐず

久々のblog更新なのに、マイナスな話で恐縮です苦笑い
4月は丸々1ヶ月間、ニオイがわからない状態で、現在に至っています。
というより、ここ1週間、鼻水の出が激しくなって困ってます。。。
やっぱりヒノキかなんかの花粉に反応してるんでしょうか?
住宅街に住んでるので、信じられません。
ただのホコリに反応してるんですかねぇ???
そろそろ、耳鼻科に行かんとダメかなぁ。。。
鼻のかみ過ぎで 鼻の下が痛くてたまらんです。
ティッシュはローションティッシュ使ってるし、自宅なら洗面所で洗うようにしてるんだけど。
これはGW中、大変かも。。。kao05

プロフィール

naka

Author:naka
富山県在住。
2010年7月に娘を出産。
福井の実家には、愛する大吉
(本名、大輔 ♂雑種犬)あり。



FC2カウンター



最近の記事+コメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



BlogPeople



pictlayer



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム



QRコード

QRコード



RSSフィード



Copyright © こんなの買ったモン♪ All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:フリー素材*ヒバナ *  * )     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。